2006-11-15 Wed

自分と違う意見 RSS あとで読む kwout this!

heart

好きな人と自分の意見が同じだったとき、わたしは安心します。
自分の意見が大勢の意見と違っていたら…あなたなら不安に感じますか?

もともと自分の意志があまり固まっていないときに、誰かの意見を聞くと、「あー、そうかも〜」って思ったり、また違う意見を聞くと、「あー、やっぱりこっちかも〜」と、どちらも正しいことのように思えてきます。

ん、待てよ?

人と違うことは、いけないことじゃないよね。
時代や国によって変化することだってあるし、今、正しいと信じていることは、未来になったらウソかもしれないよね。

それは、正しいか正しくないかという問題なのか、YesかNoかという答えがあるのか。
もしかすると、自分の小さな世界の中で、人と同じなら自分も正しいと安心したいだけなんじゃないのかな。

自分と同じ人なんているはずがないんだから、わたしはこう思うけどあなたはどう?と言ってみればいいんじゃないのかな。

学校や会社で人と違う意見を言うのは怖い?
わたしは自分と違う意見を聞きたいし、違うときははっきり「違うよ」と言える人を信じます。

だから、ブログやってるんじゃないじゃないかしら。

del.icio.us コメントを表示 はてなブックマークはてなブックマーク livedoorCriplivedoorCrip Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク
posted by らぶ | Comment(17)  | TrackBack(4)  | 02 Blog*.
Comments
はじめましてっ。いつも興味深く拝見してます。

ちょうど同じような文章を書いたところだったので驚きました。(URLからご覧下さい。)はてなまわりの言い争いとか見てるとそんな気分になるんですかね。

ではでは〜っ。
Dora at 2006-11-15 06:26
 先日思ったんですが、だからwebなんだよなー、と感じています。あまりにも相容れない、いつもその人の意見が気に障る、鬱陶しい場合、webでの付き合いなら距離を置ける。逃げ出すことも容易にできる。逃げ道があるからこそ、反対意見に耳を傾けられる、という部分があると思います。
LSTY at 2006-11-15 08:24
意見の正しいか悪いかは脇に置いて、私自身が活用できそうな意見の部分だけを聞き取ります。私はそういう聞き方をしてます。
 
「私はどんなとき安心するんだろう?」と、考えさせられました。
・相手に私を理解してもらえたとき。
・相手の意見が私の好みだったとき。
・相手が正直に話してくれたとき。
・相手が私の意見を採用してくれたとき。
他にもいろいろありそうです。
rihaku at 2006-11-15 10:33
リアルの世界において、人とは違うことはいけないこと、という社会ですよね。特に日本では。
私の場合、Webやブログを通してではなく、障害を持つ子の親の立場として日々痛感しています。
健常 vs. 障害、という見方しかなされず、人としての個性の1つ、という見方はなされないんですよね。
日本の教育で「個性をはぐくむ」なんて表現がなされることも多いですが、大人たちが求めているのは「個性」ではなくて「見栄えの良い」個性でしかないのかなぁと感じています。
大人からして「自分」というものがないからなのかもしれませんね。
だからこそ、大多数や権威といったものに拠り所を求めてしまうのかも。
「意見」に限らず、人と違うのは当たり前、人と違って当然、と皆が理解し合えた上で受け入れることができる社会になればいいのにと思います。
maverick at 2006-11-15 11:30
■Doraさん
はじめましてっ!
「言い争い」と「違う意見」は別物なんですけどね。
ネットでも現実でも、違う意見を人格否定や悪意と受け取られると
何も主張できなくなりますよね。
コメントありがとう。
らぶ at 2006-11-16 07:16
■LSTYさん
はてブのコメントも読みましたが、だからLSTYさんはとってもありがたい存在です。
わたしは「ひねくれもん」が大好きさっ!
コメントありがとう。
らぶ at 2006-11-16 07:17
■rihaku さん
なるほど。
聞き流す術も大切だということですね。(これがなかなかむずかしい)
コメントありがとう。
らぶ at 2006-11-16 07:18
■maverickさん
おっしゃるとおりだと思います。
あるがままを受け入れることと、個性として認めてあげられるか。
「人と違って当たり前」という理解が前提にあるかないかで、受け止め方も変わるんでしょうね。
わたしのリアルの世界なんてちっぽけだから、もっといろんな世界を知って、いろんな人がいることを勉強する場がWebなのかなと思いました。
コメントありがとう。
らぶ at 2006-11-16 07:25
ちょうどこの記事読んだ日に別のblogで、こんなCMを知りました。
ダメですね、想像力や個性をつぶしてしまっては。
http://www.youtube.com/watch?v=SNv4hBbu8K4
maverick at 2006-11-16 09:39
らぶさん、コメントありがとうございます。
心を開くほど、多くのことを聞き取れる感じですよね。心を開くのが、私は難しく感じてます。
 
maverickさん、はじめまして。
CM見ました。描きたい物が、一枚の画用紙の外にある。それは、ある事を成し遂げるために必要なことをすべて学べる学校がないから、いろんな学校を転々として学んでいく。学びたいことが学校という枠に収まらない。CMを見て、そんなことを考えさせられました。
rihaku at 2006-11-16 14:29
こんにちは、いつも楽しく覗いています。
ず〜と思ってたんですが、無駄にエロいって紹介ですが本当にエロいんでしょうか?
無駄にエロいところを見てみたいものです。
ラブファンより・・・
Loveファン at 2006-11-16 15:51
■maverickさん
今日はてなのnaoyaさんも紹介していましたが、そのCM大好きです。
あんな発想ができるって素晴らしいことですね。
らぶ at 2006-11-16 21:15
■rihakuさん
そうですね。
心が開けないのは、恐れや疑いの気持ちがあるからじゃないでしょうか。
らぶ at 2006-11-16 21:18
■ラブファンさん(自分で書くのはずかしいなコレ)
こんにちはこんにちは。
ご覧いただきありがとうございます。
無駄にエロいところは妄想でお楽しみください。
コメントありがとう。
らぶ at 2006-11-16 21:23
グサりときました。疑っていたら相手に失礼ですよね。勇気のある人が眩しく感じます。そういう人になりたいです。
rihaku at 2006-11-16 23:17
■rihakuさん
上のコメント、rihakuさんがという意味ではありませんよ。念のため。
人には危険から身を守るための防衛本能がありますから、無意識に恐怖心や疑いがあるのは自然なことです。
むしろ「No」と言えなかったり、何でも信じていたら犯罪に巻き込まれてしまいます(笑)
やはりキーワードは安心感なのかな。
らぶ at 2006-11-17 07:29
お気遣いありがとう。
確かに防衛本能は必要ですけどね。でも、危害を加える気のない人にとってみれば、疑われるのは、残念なことですよね。と、私が疑われたときのことを想像して、グサりときました(笑)
 
安心感あれば疑わなくて済むのでいいですよね。
rihaku at 2006-11-18 00:49
Add Comment
Name:

URL:

Comment:

Trackback
この記事へのトラックバック

[雑記]「自分と違う意見」に関連して
Excerpt: *LOVE IS DESIGN* 自分と違う意見 思いついたことをメモ。 私はどちらかというと自分に自信がない傾向があるので、自分の意見が大勢の意見と違っていたら不安になる方です。どちらかというと抑..
Weblog: nonoyumeのぽよぽよな日々
Tracked: 2006-11-15 07:17
自分と違う意見
Excerpt: 自分と違う意見(まなめはうす) 自分の意見が大勢の意見と違っていたら…あなたなら不安に感じますか?僕はこれ全然無いです。 このブログ見ればわかると思いますがw もしかすると、自分の小さな世界の中で、..
Weblog: bolog
Tracked: 2006-11-16 02:13
議論のバランス感覚
Excerpt: 正しいと分かっていても反論したことはありますか?? -*LOVE IS DESIGN* - 自分と違う意見 自分とは違う意見というのは非常に大事なものだし、 議論するというのは違う意..
Weblog: だらだら雑記集
Tracked: 2006-11-17 17:21
「人と違う意見を持ってもいい」という言葉は「人と同意見で安心する人」を呼び寄せるツールかも
Excerpt: 十人十色なんて言葉があるように、人それぞれ意見が異なるからこそヒトという生き物は面白いわけだ。全てが全て同意見だったら、面白くもなんともない。 *LOVE IS DESIGN*:自分と違う意見 ..
Weblog: アホ理系青年の主張〜スーパー無責任委員会〜
Tracked: 2006-11-18 00:34
人気エントリー Top 10
MoMAstore
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。