2006-06-27 Tue

見やすいブログとわかりやすい文章 RSS あとで読む kwout this!

BLOG

「読みやすいブログ」と「読みやすい文章」の意味の違い - きらきら、ぶつぶつ を読んで。

 いつも、Kiraさんのブログは読みやすいし、文章も読みやすいなぁと思っているんですが、「読みやすいブログ」と「読みやすい文章」の検索結果があまりにも違うとあったので、なるほどと思いました。


 「読みやすいブログ」と「読みやすい文章」ふたつの意味の違いを「見やすいブログ」と「わかりやすい文章」に置き換えると、デザインを選ぶか言葉を選ぶかということでしょうか。

 わたしの場合は 文字色と背景色の組み合わせ やレイアウトなど、どちらかというとデザイン面を重視していると思います。(ごまかしていると言ったほうがいいかも)

 文章関係の話はわたしも好きなのですが、文章術を読むだけでは、なかなか上達しないですね、これが…。 記事を書き終えて、誤字脱字がないかのチェックはしますが、思ったことをカタカタしては消し、またカタカタしては消し…それだけで何時間もかかってしまいます。

もともと Web 上の文章は読みにくいもの。

 読みやすくする工夫をしたり、わかりやすい言葉を選ぶことの両方必要だと思いますが、例えば、上手な文章をどこからかコピーしてきただけの記事からは何も伝わりません。
 わたしは下手な文章でも、その人の素直な気持ちが伝わるほうが好感が持てます。

 上達の近道はないけれど、お手本になるようなやブログを見つけたり、本をたくさん読むことが大切なんじゃないかな。

文章術というより、開き直り術ですね(笑)



del.icio.us コメントを表示 はてなブックマークはてなブックマーク livedoorCriplivedoorCrip Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク
posted by らぶ | Comment(8)  | TrackBack(0)  | 02 Blog*.
Comments
「読みやすいブログ」「読みやすい文章」の概念って、個人個人違うものなんでしょうね。
私は「占い結果」のように、その時その時で都合のいいものを選んで少しずつ試してはボツにしたり、ちょこちょこ弄っています。でも、自分が読んで「読みやすいな」と思う文章、自分が見て「読みやすいな」と思うブログのいいところを少しずつ取り入れて、自分のものにしてしまうのが一番私に合っているようです。
 ・・・と前置いて、LOVEさんのブログデザイン、すごく好きでいつも参考にさせてもらっています。サイドバーデザインは完璧に影響されています(笑)。
Kira at 2006-06-27 21:42
■Kiraさん
デザインが「すごく好き」と言われると照れちゃいます。デレデレ〜
影響されてばかりなので、だれかに影響を与えているなんて思ってもみませんでした。

文章の書き方などは、検索するとたくさん出てきますが、
“初心者のための〜”というのはだいたい当てにならないですね(笑)
お互い影響しあって、いいところは取り入れて、
自分らしさを表現していくのがブログの楽しさかな…なんて思います。
P.S.お名前アルファベット表記に修正しますた。
コメントありがとう。
らぶ at 2006-06-27 23:05
前に村上春樹さんが言ってたんですが、書いてある内容に関係なく、読者をぐいぐいと引き込んで読ませる文章というのがあって、それはどんなものかというと、句読点によるリズムが心地よくて、その心地よい文が連なることによって大きなうねりを作りだすことに成功している文章だということでした。
文体とかっていうと小難しくて分かりにくいけど、「うねり」って言われたらよく分かりました。文体って「うねり」を作り出すためのものなのかなぁと理解してます。

ただこれは割りと長い文章でないと当てはまらないので、ブログの文章には向かないことかもしれませんが。
H & A at 2006-06-28 11:05
一番読みやすいのは、「でつ」「まつ」調ですね?
≧∇≦ブハハハハハ♪

>H&Aさん
なるほどです。村上さんの本って面白くなくてもなぜか、、夢中になるときがあります。
しんのす at 2006-06-28 12:44
■H & Aさん
なるほど。
句読点の位置で「うねり」が生まれるということなんですね。
文体って好みや相性もあると思いますが、会話と同じように「間」が大切ということかな。

あまり、多すぎると、こんな、ふうに、息切れ、しそうに、なりますよね(笑)
コメントありがとう。
らぶ at 2006-06-28 20:22
■しんのすけ
文末が全部「でつ」「まつ」調のブログありまつよ。
トミーとマツは好きだけど、わたしはそういうブログは読みたくないでつ。
コメントありがとう。
らぶ at 2006-06-28 20:26
たまに思うのはなんでここまで書き手が苦労しいられるの?ということ。読みたくないなら読まなきゃいいじゃない。ただ、損するかもしれないのはあんただよと言ってみたいです。
まあ、もっとも自分も読み手であるときは書き手に読みやすいことを要求する以上、自分が書き手であるときは読みやすくする必要があるんでしょうね。
小樽 at 2006-06-28 23:45
■小樽さん
やはり「読まれる」ということが前提の場合は、
相手に伝わらないと意味がないし、そのためにいろいろ考えるのは、
できるなら好かれたいからでしょうね。

メイクやファッションと同じように、好きでやってるんだからほっといてよみたいな人は、
それだけで損してるなぁと思います。
コメントありがとう。
らぶ at 2006-06-29 19:57
Add Comment
Name:

URL:

Comment:

Trackback
この記事へのトラックバック

人気エントリー Top 10
MoMAstore
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。