2006-06-05 Mon

Webデザインと黄金比の関係 RSS あとで読む kwout this!

DESIGN ベストセラーのダ・ヴィンチ・コードにも出てくる「黄金比」という言葉を、みなさんも一度は聞いたことがあるかと思います。

 先日テレビを見ていたら、「黄金比」について番組で取り上げていたので、興味深く見ていたら、なんとオードリー・ヘップバーンの顔の中にも黄金比がたくさんひそんでいたんだそうです。

 ピラミッドやパルテノン神殿などの建築物、ミロのヴィーナス・モナリザの絵でも有名ですが、はるか昔から、最もバランスのとれた美しい比率とされる「黄金比」がなぜ美しいと言われるのでしょうか?

 松ぼっくりやひまわりの種など、自然界にある多くのものに、この法則が当てはまるというのがひとつの説になっているようです。わたしたちが住んでいる銀河系(でかすぎ)も、DNA(ちっちゃすぎ)も黄金比と大きな関わりを持っているそうで番組の映像を見ながら、「へぇー」を連発してしまいました。

 神秘を感じるか、ただの偶然ととるかは人それぞれですが、人間が美しいと感じるものには、何かしらの法則があるとわたしは考えています。

 黄金比に次いで美しい比率とされる「白銀比」は、日本の黄金比とも言われ、この番組で初めて名前を知ったのですが、黄金比の1:1.618…に対し白銀比は1:1414…(√2)という比率で、身近なところでは、ハガキやA版サイズの用紙がこの比率に当てはまります。

 昔から日本の大工は、白銀比をもとにした曲尺(かねじゃく)と呼ばれるL字型の定規を巧みに使って、丸太の直径を知ったり、その直径から取れる柱の太さを計ったりして、法隆寺や五重塔などの建造物を建築したそうです。

 この話を聞いて、もしかしたらと思って、先日紹介した建築設計をされているH & Aさんのブログを計ってみると、これまたなんと黄金比にぴったりハマっているではありませんか!これが計算されたのか偶然なのかは存じませんが、思わず「さすが〜」とうなってしまいました。

 単純なわたしは、人々が黄金比や白銀比でできているものを美しいと感じるのであれば、Webデザインやレイアウトを考える上でも、この比率を取り入れたらいんじゃね?と思って調べていくうち、こんなサイトを見つけました。

電脳狂想曲 Webデザインの小技
白銀比、黄金比、白金比、第二黄金比を計算してくれるサイト

こちらも役立ちそうです。
ちゃらららっちゃら〜黄金分割デバイダー(ドラえもん風に)
これが今、一番欲しいものだったりします。何に使うか謎ですが…。

関連エントリ
美しいレイアウトを計算してくれるツール

del.icio.us コメントを表示 はてなブックマークはてなブックマーク livedoorCriplivedoorCrip Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク
posted by らぶ | Comment(4)  | TrackBack(0)  | 04 Design*.
Comments
またまた取り上げていただいてありがとうございます。
そして、またまたなんですが、実は黄金比なんてこれっぽっちも気にしてなくて、ただバナー画像が配置しやすいように幅を調節しただけの結果なのです。
あぁ、なんだか我ながらアサマシさを感じてきました。
そろそろサイトデザインを弄ろうかと考えているこの頃です。
H & A at 2006-06-06 09:36
■H & Aさん
またまた話のネタにしてすいません^^;
設計のお仕事をされてるから、てっきり黄金比で作ったのかと思ったんですが、
偶然に黄金比になっちゃうのもスゴイですね(笑)

黄金比や白銀比を調べるうち、建築や大工さんに興味が出てきました。
家にあった曲尺の裏を見て感激してたところです。
そういえば、知人に元大工職人のWebデザイナーがいるんですが、
何か通じるものがあるんでしょうね。
コメントありがとう。
らぶ at 2006-06-06 20:27
二辺の比が黄金比を為す長方形は最も形の良い長方形だといわれますね。ロー−ウィのデザインによるショートピースの箱もタテヨコの比が黄金比、Peaceのeの横棒で箱を上下に分割すると、上が正方形、下が黄金長方形になってますし。
1を1.618034で割ると0.618034、1.618034を二乗すると2.618034となり、整数が変わるだけで.618034の部分が変わらないという不思議な数字である事もこの数字が神秘化された理由の一つだそうです。先生は5対8というおおざっぱな数字で覚えてますけど。
ただ、最近は、理想比の不変な形というものは存在せず黄金比は美学上支配的な造形原理ではないという意見も多いです。
√長方形もデザインの基本で、よい建築のプロポーションは1:1、1:√2、1:√3、黄金比、それらを組み合わせたもの、という5つが基本であるといわれています。

√2長方形を白銀比というのはシリマセンデシタ。
熱ケツ先生 at 2006-06-08 23:49
■熱ケツ先生
名刺やタバコも黄金比なんですよね。
ショートピースの箱の話は今度確かめてみたいです。
やっぱ黄金分割デバイダー欲しい〜!

先生の記憶の通り、黄金比が約 5 : 8 なのに対して白銀比は約 5 : 7で
うちのブログも比率を変えてみようかと考え中です。
Webデザイナーの中に黄金比信者という方もいるようですが、
コチラの記事に中学生の女の子の興味深いレポートがあります。
http://subal.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_7336.html

なんとなくですが、白銀比は使いやすさを求めた結果という気がしますね。
コメントありがとう。
らぶ at 2006-06-09 00:43
Add Comment
Name:

URL:

Comment:

Trackback
この記事へのTrackBack URL


人気エントリー Top 10
MoMAstore
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。