2006-03-23 Thu

悪印象のススメ RSS あとで読む kwout this!


〜第1章〜 恋のはじまり
6.悪印象のススメ
 





これまで第一印象が大事だということを述べてきました。
Webデザインなどもそうですが、第一印象を判断する時間はきわめて短いものです。
初対面では、なるべく相手に好印象を持ってもらえるほうが嬉しいものですが、
今回はあえて「悪印象」をオススメしたいと思います。

よく嫌われるタレントほど人気があると言われます。
嫌悪感は好奇心の裏返しで、あの人大嫌い!という人ほど
その人の情報にやけに詳しかったりするものです。

つまり、その人に興味を持っているのです。

悪い印象でも、「そんな人いたっけ?」と思われるよりは、
相手に自分の存在を印象づけたという点では、出会いは成功しているといえます。
よく第一印象で好印象だった相手よりも、悪印象だった相手の方が、
長期的には良い印象を持たれる可能性が高いというデータもあります。

ですから、悪印象を持たれても恋のチャンスはまだ残されています。
次に会うときこそが、本当の勝負です。
最初に「感じ悪いな」と思われてる分、イメージアップをはかるのも簡単です。
「あれ?意外といいヤツかも…?」このギャップこそが、恋に発展するんですね。

初対面で悪印象を持たれた時こそ、実はチャンス到来!
だからといって、あまりに奇抜な言動やギャップが大きすぎると、
人格障害を疑われることもありますので、ほどほどにしてくださいね。




| | |


del.icio.us コメントを表示 はてなブックマークはてなブックマーク livedoorCriplivedoorCrip Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク
posted by らぶ | Comment(4)  | TrackBack(0)  | 05 Love*.
Comments
これは高度なテクニックだけど,オトコがギャップに弱いというところをうまくついている。
悪印象は増えていく。ギャップは広がっていく。だけど,惚れちまったらどうしようもない。というところまでできたら,オンナの思うツボだね。
無義 at 2006-03-24 00:59
同じく難易度が高い技です・・・
女性の計算の高さが・・・
でも それくらいの女性のほうが魅力的かもしれませんね 
いつもワクワクさせてくれそうですwww

あと リンクの過去記事についてですが
色には組み合わせがあって 補色の関係色は
バランスが取りにくいのですが 強烈なインパクトを与えます 
例えば黄色と青 緑とマセンダ 赤とシアンなど関係です
あまり関係ないかもしれませんが ファッションなどの参考になればと・・・
知っていれば・・・スンマセン・・・
rop at 2006-03-24 02:36
■無義
第一印象と中身も同じという安心感もありだけど、
無義もわたしもギャップに弱いんだよね。
これってブログでも使えるテクニックなのかな?(笑)
コメントありがとう。
らぶ at 2006-03-24 20:25
■ropさん
今風に言うと「ツンデレ」とか「ブサイケ」になるんでしょうか。
意外性というか、昔ヤンキーがモテた時代は不良だけどボランティアしてるとか、
お年寄りや子供に優しいなんていうのがツボだったような。
でも、ギャップに「計算」が見えると冷めちゃうなぁ…。

色のコーディネートは難しいですね。
似たもの同士の同系色と、お互いを引き立てる補色の関係
人間関係にも言えるかもしれませんね。
コメントありがとう。
らぶ at 2006-03-24 20:27
Add Comment
Name:

URL:

Comment:

Trackback
この記事へのトラックバック

人気エントリー Top 10
MoMAstore
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。